美養フードコーディネイターによるとっておきのエイジングケア情報をご紹介

最新記事

コラーゲンのサプリって効果があるの?

コラーゲンのサプリと食事について考えてみましょう

コラーゲンの粉末や配合したサプリメントがシワに効くと言われていますが、本当に効果があるのでしょうか。サプリメントには様々な種類がありますが、一体どれを飲んだら良いの?いつ飲むのが効果的?食事ではコラーゲンは摂れないの?コラーゲンのサプリと食事について考えてみましょう。

シワができてしまう原因とは

シワの原因は、いくつか考えられるのですが、大きな原因のひとつに紫外線ダメージによる光老化があります。紫外線に当たることで体内に発生した活性酸素は、コラーゲンを分解してしまいます。そのため、肌に弾力がなくなってしまい、シワとなって肌に現れます。
また、活性酸素は、コラーゲンの生みの親「線維芽細胞」にもダメージを与えてしまうため、コラーゲンの生成に影響を与え、量自体を少なくしてしまいます。

コラーゲンがなぜシワに効くと言われるの?

肌を支える真皮層には、コラーゲン繊維が網の目のように張り巡らされています。このコラーゲン繊維が、しっかりと張り巡らされていればハリのある肌が保たれるため、シワの予防にはコラーゲンを摂ると良いと言われています。

コラーゲンのサプリには、牛や豚由来のもの、魚由来のもの、またペプチドと言ってコラーゲンを小さな分子に分解し、身体に吸収されやすい状態に加工したものなど、様々な種類のサプリが販売されています。

食べたり飲んだりしたコラーゲンが肌質を改善するのかどうかは、まだまだ研究下にあるそうですが、コラーゲンを作る際に必要なアミノ酸「プロリン」がコラーゲン自体に豊富に含まれているため、コラーゲンを摂ることで血液中にプロリンが増えて生成を促すと考えられているそうです。

また、サプリや食べ物から摂った場合は一旦体内で分解され、再吸収されます。この際にできる「グリシン」というアミノ酸には、安眠効果があるため、夜にコラーゲンと摂ることでコラーゲンの生成を促すだけでなく、安眠効果も得られるとも言われています。

肌のコラーゲンを増やす食べ物

(1)コラーゲンを含む食べ物

コラーゲンは、ゼラチン質の食べ物に多く含まれています。フカヒレ、ウナギの皮、牛スジ、鶏ナンコツなどにコラーゲンが多く含まれています。日常的にコラーゲンを摂るなら、市販のゼラチンが便利です。スープに溶かす、白米と一緒に炊く、ジャコと混ぜてふりかけにしたり、もちろんゼリーも作れます。

(2)コラーゲンを守る食べ物

トマトに含まれる「リコピン」には、紫外線によるコラーゲン量の減少を抑える作用があることが判っています。リコピンは加熱し、ビタミンEと一緒に摂ることで身体への吸収が高まりますから、オリーブオイルを加えたトマトジュースや、オリーブオイルでトマトを炒めたトマトソースもおすすめです。
この他、ピンクグレープフルーツやスイカ、柿、ニンジンにもリコピンが含まれています。

(3)線維芽細胞を増やす食べ物

ミネラルには、コラーゲンの生みの親「線維芽細胞」を増やす働きがあると言われています。昆布などの海藻はミネラルの宝庫。ミネラルは吸収率の悪い栄養素なのですが、昆布に含まれるミネラルは、約80%が身体に吸収される吸収率の高いミネラルですから、昆布の粉をお味噌汁やスープに加えれば、線維芽細胞を元気にするだけでなく、味も美味しくなります。
また、水に含まれるミネラルはイオン化されているため身体への吸収が良いミネラルですので海洋深層水などミネラルの多い水を毎日の習慣にするのも良いですね。

まとめ

シワの予防に欠かせないコラーゲン。コラーゲンの分解を防ぐ、コラーゲンを守る、コラーゲンの生成を促す食べ物やコラーゲンのサプリを摂って、ハリのある肌を保ちたいですね。

 

【参考】

リコピンにシワ予防効果が期待-カゴメ、名古屋市立大学の共同研究-
健康と美容に昆布!