美養フードコーディネイターによるとっておきのエイジングケア情報をご紹介

最新記事

印象を左右する!目の下のたるみを改善する食べ物

第一印象を左右するといわれる目元

第一印象を左右するといわれる目元。人と話をするときは、目と目を合わせることが多いため、目元の老化はその人の見た目年齢を左右する大切なパーツといえます。目の下にたるみがあると、疲れた印象を与えてしまうだけでなく、実年齢より老けて見えてしまうことも。目の下のたるみを改善するには、どのようなケアが必要なのでしょうか。

要注意!目元は老化がバレやすいパーツ

初めて会った人と挨拶をするとき、一番に目が向くのは相手の目ではないでしょうか。私たちは、通常1分間に15回以上もまばたきをしているため、目元の筋肉は常に動いています。そのため、朝しっかりメイクをしたとしても、繰り返すまばたきによって自然とメイクが落ちてしまい、目の下のくすみやたるみが目立ってしまうことも。

なぜ目の下がたるむ?老化のメカニズム

目の下のたるみの原因はひとつではありませんが、大きな原因に目元の筋肉の老化と肌のコラーゲンやヒアルロン酸の減少があります。

目元の筋肉は常に動いているため、老化が出やすいパーツ。また、パソコンやスマートフォンなどを見ているとき、まばたきをせずに凝視してしまうことで、目の周りの筋肉が緊張して筋肉の衰えの原因となるそうです。

また、年齢と共にコラーゲンやヒアルロン酸といった肌を支える土台が減ってしまうことも、目の下のたるみを引き起こす原因になります。コラーゲンやヒアルロン酸が減少すると、皮膚にハリがなくなってしまうため目の下のたるみとなって現れます。

たるみを改善する食べ物

(1)シリカ水

シリカは、二酸化ケイ素とも呼ばれるミネラル。髪や爪、血管など私たちの身体の多くの場所に存在しています。

シリカには、筋肉の疲労を和らげる働きがあります。また、シリカは皮膚にも多く存在し、コラーゲンとコラーゲンの隙間を埋め、コラーゲン同士のつながりを強くする働きがあるため、肌の弾力やハリを保ち、目の下のたるみの改善にも役立ちます。

シリカは、FIJIやIsland Chillというミネラルウォーターに多く含まれるほか、玄米などの雑穀やホタテ、海藻にも多く含まれています。

(2)みかん

みかんの皮・袋・スジの部分に多く含まれるポリフェノール「ヘスペリジン」には、末梢血管を強くして、血流を改善する効果があります。とくに、目の下の血流量を増加させ、メラニン量を減少させる働きがあり、目の下のくすみにも効果的です。

また、コラーゲンと一緒に摂ることで、コラーゲン単体で摂るより肌の水分量が増加し、肌の弾力が向上するそうですから、コラーゲンサプリを飲んでいる方も、そうでない方も、みかんは袋ごと食べましょう。

(3)カシス

カシスにしか含まれない「カシスポリフェノール」は、目の筋肉の緊張を和らげて筋肉疲労を緩和する働きがあり、パソコンやスマートフォンを見る機会が多い方におすすめ。

また、目の下の血流量を増加させる効果もあります。血流量が増加すれば、コラーゲンやヒアルロン酸の生みの親「線維芽細胞」に酸素と栄養が充分に届くため、ハリのある肌作りのサポートをしてくれます。

まとめ

人の第一印象を左右する目。目の下のたるみが気になる方は、ご紹介した食べ物を積極的に食べてみましょう。さらに、ヒアルロン酸を増やす効果が認められている琥珀(コハク)エキスや、コラーゲンの生成を促す効果のあるレチノールの配合されたスキンケアで、内側と外側から目の下のたるみを改善したいですね。

 

【参考】

ヘスペリジンについての研究 - 江崎グリコ 健康科学研究所

目に効くカシス 日本カシス協会