美養フードコーディネイターによるとっておきのエイジングケア情報をご紹介

最新記事

しつこい大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ?

しつこい大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ?

思春期にニキビに悩まされたことがなくても、30代になってからニキビを繰り返してしまう女性が増えています、大人になってからできる、いわゆる大人ニキビは思春期のニキビと異なり、ホルモンバランスの乱れが原因になっていることが多いもの。では、ホルモンバランスを整えて、美肌を保つためにはどうすべきなのでしょうか。

なぜ大人ニキビは繰り返しできるの?

 大人になってからできるニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れによる皮膚のバリア機能の低下です。とくに、生理前にはエストロゲンの分泌が減り、皮脂分泌を過剰にするプロゲステロンの分泌が高まるために、皮脂バランスが崩れてしまいます。そのため、皮膚のバリア機能も乱れてしまい、炎症を起こしやすくなり、ニキビができてしまうのです。

また、大人ニキビの特徴のひとつに同じ場所に繰り返しできるという現象があります。これは、一度炎症を起こした場所は、表面的には良くなったように見えても、内部には少なからず損傷が残り皮膚が弱くなっているためです。このような症状があれば、肌のターンオーバーを整える働きのあるレチノールやコハクエキスなど、皮膚の再生を促すものでのケアを取り入れましょう。

 皮脂バランスを整えるエストロゲン

エストロゲンには、皮脂の分泌を抑え、コラーゲンの合成を促す働きがあります。このほか、健康的な肌を保って、皮膚のバリア機能を高めるためにも欠かせません。また、血管をしなやかに保ち、コレステロールのバランスを保つ働きもあるため、エストロゲンが不足すると、血管が固くなってしまいます。さらに悪玉コレステロールが増えることで血流が悪くなりやすく、皮膚の血行不良によるクスミやクマ、手足の冷えなどの原因にもなってしまいます。

 知りたい!エストロゲンの分泌を増やす食べ物

 (1)ビタミンCの多い食べ物

ホルモンの司令塔「副腎」。副腎では、女性ホルモンの元となる「DHEA」と呼ばれるホルモンが作られています。DHEAは、女性ホルモンの元となるだけでなく、細胞を活性化する働きがあり、長寿ホルモンとも呼ばれアンチエイジングに欠かせない存在です。

副腎には、血液中の約150倍ものビタミンCが存在し、特にビタミンCを必要とする臓器なので、ビタミンCの豊富な野菜やフルーツを積極的に食べましょう。

 (2)青魚

子宮や卵巣周辺の血流が悪いと、酸素と栄養が届かず機能低下の原因となりかねないので、青魚も欠かせません。青魚はホルモンバランスを整えるビタミンB6、副腎の機能をサポートするセレン、血液をサラサラに保ち流れをスムーズにするEPAやDHAが含まれ、総合的に卵巣をサポートします。

 (3)卵

エストロゲンの材料は、コレステロールです。コレステロールというと、身体に悪そうなイメージがあるかもしれませんが、それは身体の中で悪玉コレステロールが増えてしまった場合です。食べたコレステロールが、そのまま体内のコレステロール増加につながるわけではありません。

卵は、コラーゲンの材料となるタンパク質も多く、コレステロールも含まれていて、美肌つくりにおすすめの食材です。

まとめ

エストロゲンが不足し、ホルモンバランスが乱れると大人ニキビの原因となるだけでなく、疲れやすい、爪が割れやすくなる、白髪が増えるなどの変化も起こりやすくなると言われています。エストロゲンの分泌を促す食べ物を積極的に食べて、ホルモンバランスを整えたいですね。

 

【参考】

性周期に関するホルモン①エストロゲンの働き 岡本クリニック

長寿ホルモン(DHEA)東京都老人総合研究所 医学博士 白澤卓二