美養フードコーディネイターによるとっておきのエイジングケア情報をご紹介

最新記事

話題のココナッツオイルで若返り?

話題のココナッツオイルで若返り?

三大栄養素のひとつ「脂質」。脂質は、私たちが生きていくうえで欠かせない栄養素なのですが、最近では美容のために良質なオイルを摂取する習慣が広がりつつあります。オリーブオイルやオメガ3系オイルなど、いろいろな良質オイルがあるなか、今最も注目されているのがココナッツオイルの美容・健康効果です。

ココナッツオイルとは、どのような効能のあるオイルなのでしょうか。

話題のココナッツオイルってどんな効果があるの?

ココナッツオイルの脂肪分の約60%を占める中鎖脂肪酸。中鎖脂肪酸は、肝臓で分解されケトン体を作り出します。このケトン体には、SODやカタラーゼなど、身体に備わっている抗酸化酵素を活性化させる働きがあるため、自らのアンチエイジング力を高める効能のあるオイルとして注目が集まっています。

また、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸の約50%を占める「ラウリン酸」は、母乳にも含まれる成分で別名“命のオイル”とも呼ばれます。免疫力を高める効果があるといわれ、健康な身体作りにも役立ちます。

ココナッツオイルの上手な摂り方

(1)ダイエットなら

中鎖脂肪酸は、腸での消化吸収に消化酵素を必要としないため、一般的なオイルや肉などに含まれる長鎖脂肪酸の約4倍のスピードで吸収・約10倍のスピードで代謝されるため脂肪として蓄積されにくいオイルといわれています。

ですが、ココナッツオイルも、他のオイルと同様1gあたり9kcalのカロリーがあります。そのため、ダイエットのためにココナッツオイルを取り入れるのであれば、今使っているオイルと置き換えて使いましょう。

(2)朝の摂取がオススメ

ココナッツオイルが分解されてできるケトン体は、脳や筋肉のエネルギーとなります。そのため、朝にココナッツオイルを摂ることでエネルギー不足になりがちな午前中もケトン体をエネルギーとして代謝の良い状態を保てます。

また、抗酸化酵素を活性化させて日中の紫外線やストレスからも身体を守ります。

まとめ

ココナッツオイルは加熱に強く、お料理やお菓子作りにも使うことができます。パンにつけたり、コーヒーに入れてもココナッツの香りが楽しめます。ライフスタイルに合わせて取り入れ、美味しくココナッツオイルの効能にあやかりたいですね。