美養フードコーディネイターによるとっておきのエイジングケア情報をご紹介

最新記事

オリーブオイルでお肌が変わる?オイルを使ったエイジングケア

エイジングケアをする女性が摂りたい油とも言われるオリーブオイル

ヘルシーな植物油として人気のオリーブオイル。健康効果だけでなく、近年オリーブオイルのもつ美肌作用にも注目が集まっています。エイジングケアをする女性が摂りたい油とも言われるオリーブオイル、どのような作用があるのでしょうか。

■オリーブオイルってどんな油なの?

オリーブオイルの脂肪酸の大半を占めるのが「オレイン酸」と呼ばれるオメガ9系の油です。オメガ9系の油は、体内で作ることのできる不飽和脂肪酸ですが、とくに酸化しにくい性質のあるオレイン酸を補うことで、体内の酸化を防ぐと言われています。
この他、ポリフェノールやミネラルも豊富に含まれ、2011年ヨーロッパで「抗酸化力で身体を守ってくれる」という表示が認められた食品です。

■美肌を作るうれしい効果がいっぱい

(1)肌を守るオレイン酸

オレイン酸は母乳や皮脂に最も多く含まれる成分で、乾燥や刺激などの外からのストレスから肌を守る効果があります。オレイン酸が不足すると、肌の皮脂バランスが崩れ、バリア機能が弱まり乾燥や肌荒れの原因となります。

(2)肌を活性酸素から守るポリフェノール

オリーブオイルに含まれるポリフェノール「ヒドロキシチロソール」は、抗酸化作用がビタミンCの10倍、シミやくすみの原因となる黒色メラニンを抑制する作用がビタミンCの25倍とも言われています。

(3)便秘の解消にもオリーブオイル!?

オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は、小腸で吸収されにくいため、腸を刺激してぜん動運を促します。また、大腸まで届き腸内で便と混ざることで、便を柔らかく保ち、オイルの効果で腸壁を滑らかに保つことでスムーズな排出をサポートする効果もあると言われています。
便秘をすると、本来排出すべき毒素や老廃物が排出されず、身体に再吸収され、肌からも排出しようとしてニキビや肌荒れの一因となるだけでなく、必要な栄養素の吸収も滞ってしまいます。腸内環境を良い状態に保つことは、美肌作りに欠かせません。

■どうやってオリーブオイルを摂るのが効果的?

(1)オリーブオイルの選び方

エイジングケアのためにオリーブオイルを摂るのであれば、ポリフェノールの多いエクストラバージンオリーブオイルを選びましょう。食べた時に喉の奥がひりひりする感じのするオイルは、ヒドロキシチロソールが多いオリーブオイルです。見た目には、グリーンの色が濃いオリーブオイルが多いようです。

(2)オリーブオイルの摂り方

オリーブオイルは、加熱に強いため調理にも使えますが、エイジングケアとしてオリーブオイルを摂るのであれば、フレッシュな状態で摂るのがお勧め。ヨーグルトや納豆と混ぜれば腸内環境美化に、トマトと和えればリコピンの吸収が高まります。

まとめ

油は、エイジングケアに欠かせないとはいえ、摂り過ぎは身体の脂肪酸のバランスを崩してしまいます。1日大さじ2杯を目安にエイジングケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。